nowlog

~ IT企業に勤める30代サラリーマンです。仕事や役立つ心の持ち方やネット情報をメインに雑記ブログを運営しています ~

ブログ

仕事中にブログ作成はアメリカなら余裕で訴えられるレベル

投稿日:

仕事中にブログを作成してたら余裕で訴えられるかもしれないけど、ここは日本。

サラリーマンをしながらブログを書くにしても、日々の仕事や生活がいそがしくてなかなかまとまった時間をつくるのは大変です。

なので、仕事中にかけたら時間の有効利用ができるかなぁと思って実践してみたところ、意外と書けることがわかりました。

量的にはあんまり忙しくなければ1日1記事くらいであれば、書けてしまいます。

注意点として、この方法は仕事中にPCが1日中使用ができるデスクワークで、どんな職種というわけではありません。

仕事中にブログ作成をすることに賛否はあると思いますが、そういうことは飲みこみつつ時間を有効利用しようという観点でやっています。

ちなみに、雑記ブログを作る前提ですので、いろいろ工夫して参考ていどにしてみてください。

1、仕事場でのブログ作成時に書く内容について

1-1、あくまで仕事が中心。仕事の隙をねらってブログ作成するイメージ

仕事中にブログをかくコツは、仕事をしながらちょこちょことブログを書くことです。

とうぜん、いそがしい時には仕事だけに集中する必要があると思いますが、そんななかでも、「ちょっと手が空いた瞬間に1行」なんて書き方をおススメします。

仕事があるのでまとめて時間をとるのは現実的ではないので、細切れの時間を無理やりつくって1行づつ書いていくイメージ。

どれだけの細切れ時間がつくれるかによってきますが、1日8時間を目安とすると、「1時間に10行 × 7(昼休みでー1)」=70行くらいはかけます。

だいたい、1行あたり30文字前後を目安に書いていけば、1日1記事(2000文字前後)は意外と簡単にクリアできます。

もっと区切ってもいいと思いますが、ポイントはとにかく数文字ずつでも進めていって、帰宅するころに完成しているイメージです。

1-2、職場で作成するブログは完成させる必要はない

実際に書いてみるとわかりますが、細かくちょこちょこと書いたものを後で見かえしてみると、文章がおかしかったりします。

ですが、推敲することは後にまわして、職場でのブログ記事の作成は、文章がへんであっても書くことに意味があります。

そうやって書いていると乱文になりがちですが、あんまり気にする必要はありません。

完成までのイメージとしては、ブログ記事の大枠(全体感)を職場で作成して、自宅で推敲してからアップロードする感じです。

このような流れでいくと、家に帰ってからブログを一から作成することなく推敲だけすればすむので、とても省力化ができます。

ちなみに、意外と乱文だと思っていた内容がおもいのほかよかったりもしますので、職場ではとにかく書くことだけに集中するといいと思います。

1-3、文章まで書いているヒマがなかったら、タイトル・見出しなどだけでも作っておく

仕事がいそがしすぎて、書いているヒマなんてないならば、タイトル・見出しだけをモジュール化して書くのも効果的。

主観かもしれませんが、ブログを書く場合、

  1. タイトルを決める(全体感をイメージしたタイトルを決める)
  2. 見出しを決める(各カテゴリーにあった見出しを決める)
  3. 見出しにそって内容をかく

といった流れが一般的かなと思いますが、1、2番のタイトル・見出しを考えておくだけでも、ブログ作成時の省力化につながります。

仕事が忙しすぎて文章まではかけないけど、ブログを進めたい人におススメです。

1-4、ばれたときの為に、あるていど言い訳ができるジャンルがいい

雑記ブログをかくならば、万が一ばれても仕事に無理やりながらも関連性があるようなジャンルがいいです。

参考までに、わたしは仕事中にこんな内容のブログを書いていましたが、なんとか仕事に役立てるとか言い訳ができると思いました。

ほんとに関連性のない「ゲーム攻略法」とか「ナンパの方法」など、まったく言い訳ができないようなジャンルは辞めたほうがいいでしょう。(もちろん、自由に書ける環境だったら関係ないですが)

1-5、インターネット環境がなくても記事はかける

セキュリティに厳しくなったいまの世の中では、職場のPCにインターネット環境がないのもめずらしくありません。

ですが、ネットを参考にできないことで自力で記事を書くしかないので、オリジナリティにあふれるものになりやすいです。

意外と感じることは、ネットで他のブログを参考にしていると、無意識的にでも影響を受けてしまっているんだなと感じます。

どうしてもネットで調べなくてはならないことは後まわしにして、かけるところだけ進めていくのがいいでしょう。

2、職場でブログ作成をするときのテクニック

1-1、最低限のショートカットキーは覚えておく

これはWINDOWS環境のみですが、職場で隠れながらブログをかくならゼッタイに覚えておくべきショートカット3点。

  1. ALT+TAB(アクティブウィンドウの切り替え)
  2. Ctrl+S(上書き保存)
  3. ALT+F4(アクティブウィンドウを閉じる)

覚えておかなくてはいけない理由は、誰かにみられそうになった時に、

  • 1、「ATL+TAB」で他のウィンドウに隠してしまうか
  • 速攻で1、「Ctrl+S」→2、「ALT+F4」で保存して閉じてしまうか

で緊急回避する時にひつようなので、ゼッタイに覚えておいて損はないです。

1-2、ワードに張り付けて文字数をカウント

どれくらいの文字数を書いたか知りたかったら、ワードに張り付けるだけでOK。

イメージはこんな感じだけど、文字フォントを「1」にして誰にも内容がわからないように貼りつけるのがコツ

1-3、職場でブログを執筆するならメモ帳一択

いろんなエデッタがありますが、標準についてるメモ帳のウィンドウを小さくして書くのが一番いいです。(なにか、仕事のメモをしてるっぽいし)

フォントサイズを「5」とすれば、すごく小さいですが、まわりからは内容がわからず、自分だけ見える状態になるのでおススメです。

3、まとめ

サラリーマンをしながらブログ作成をしていると、想像以上に労力がかかることがわかります。

仕事でつかれて帰ってからブログを一から作成するのはたいへんですし、そのたいへんさからブログを辞めてしまう人も多いです。

そんな大変な作業の省力化のためにも、仕事中のスキマ時間を有効利用する方法も考えてみるのもいいと思います。

自宅で作業をする量をすこしでも減らすことで、継続してブログをつづけていく原動力にもなりますし、

給料をもらいながらブログを書くってなんか得した感じになりますよ。(とうぜん、仕事はしっかりこなしている前提です)

 

最後まで長々と読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

 


-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ初心者のテーマは「STINGER8」で完璧

こんにちは。 今回は、わたしが初心者としてブログを一からワードプレスでつくって一番手間がかかったのがワードプレステーマ設定でした。 最初はワードプレスの無料テーマ「Twenty Twelve」でCSS …

ブログを作るなら空いた時間を有効に使って書く

いそがしく仕事をしながらブログを作っているとまったく時間がなくて、更新ができていないなんて状況におちいっていませんか? それではスキマの時間を有効につかって記事を書いていかないと、ある程度のボリューム …

初心者がブログサービスをはじめた25記事目のアクセス数

ブログをはじめてみると、アクセス数はどうしても気になってくるものだと思います。 ちなみに、誰もがしっているヤフーニュースは、スタッフブログに「月間100億PV超のニュースサイト」と紹介されてます。(凄 …

【2017年版】全部無料利用できるフリー写真素材サイトの特選12サイトのまとめ

こんにちは、ITサラリーマンをやりながらブログ執筆をしている「ゆるゆる」です。 今回思ったことでブログを作るにあたって、画像サイトをさがすのはけっこう手間になるんじゃないかなと思いました。 そこで、ち …

ブログを毎日更新して作成を続けるための5つの秘訣

賛否両論はあるものの、ブログは毎日更新したほうがいいという意見は多く、特にブログを作りはじめたころは記事数は大きな問題になります。 ですが、サラリーマンですと「仕事がいそがしくてそんな時間はとれない」 …

こんにちは!
「nowlog」というブログ発信しているゆるゆるです。

昔はガラケーでHTMLをこくみながら携帯アフィをしていましたが、昔とは比べられない状況で勉強がすることが多くてビックリしています。

※詳細なプロフィールはトップページの「プロフィール」から紹介させてもらっています。

いろいろな人と繋がれればうれしく思います。
みなさま、どうぞ、よろしくお願いいたします。